『ニュージーランド・中編』

photo キープはこれ一匹、15万円の記念すべきレッドスナイパー photo Vハル30Fアルミ船、エンジンはVOLVOのドライブ仕様 photo 20㎝でもこの笑顔、10秒後鯛は船長にむしり取られ海にリリース photo スカイタワーのバンジー…外国の女子は勇気ある~

2017年01月22日

三日目は3班に分かれてのオプショナルツアー。
①チャーターボートの釣り
②ワイトモ洞窟&ホビトン村観光
③オークランド市内観光
釣り好きの私はメンバー4人と共に①を選択。
早朝タクシーでマリーナーに向かい30Fのアルミボートでいざ出港。
メンバー中一番気合の入っていたのは参加者最年少福島のHさん。
なんせこの日の為にわざわざ日本から自慢のジギングロッド&リールを持参。
チャーターボートの予約も英語の堪能なHさんが担当。
出港後次第に釣りの内容が明らかに…
10万円なら近場でレッドスナイパー(マダイ)、15万なら遠方でキングフィッシュ(ヒラマサ)
勿論我々チームジャパンは後者を選択。
港から船速20Kt約90分でポイントに到着。
FURUNO魚探には28mのフラットな海底が映し出され、これといったベイトの反応も無い。
しかし次の瞬間バウ方向でガラガラとアンカーチェンの音…
なんと想定外のアンカリング!
Hさんの顔色がみるみる青ざめ行き場を失ったメタルジグが竿先でブラブラ…(苦笑)
ボートフィッシングに詳しくない人には理解できないでしょうが重大なことが起きたのです。
レンタルタックルはボトムフィッシング6Fロッド&ベイトリール(シマノ製)
道糸ナイロン10号に錘40号大きいネムリバリ2本の胴付仕掛け
キャプテンが右舷からバケツ一杯分のヨセ餌(イワシミンチ)を豪快に投げ入れ戦闘開始!
ちなみにサシ餌はぶつ切り冷凍イワシ…
メンバーの一人は少しでも魚の気を惹こうとイワシを三枚おろしするもキャプテンに咎められ(笑)
正直日本の釣りと比較し各所で雑さが目立ち不安が募る。
しかし、その時だった~先陣を切り私にアタリ…
南半球初のアタリを逃してなるものかと慎重に送り込み息を止め1、2、3で渾身の合わせ!
よっしゃ乗った~ おぉ中々の重量感!
でも仕掛けは20Kオーバーのキングフィッシュ仕様、なのでファイトはゴボウ巻き!
そしてメンバーの視線を集め上がってきたのは体長70㎝ここでは微妙なレッドスナイパー。
舐めまわすように観たが日本の真鯛と同一種。
しかしこの後皆で釣った8枚の全てが35㎝に満たないリリースサイズ。
この後魚影を探しポイント移動を試みるが最後までキングフィッシュは釣れず敢え無くストップフィッシング。
キャプテンによれば午後から潮が動き魚の活性が上がるということでしたが、
同乗の4人が午後どうしてもホビット村に行きたいということで後髪引かれながら無念の早上がり…(泣)
残された私はホテルで福井のSさんと合流、男二人ラーメンを啜り、動物園で天然記念物キウイ(国鳥)を見学。
その後スカイタワー(南半球一の高さ328m)に登るもバンジーする度胸もなく、夜はポールダンスを社会見学。
②の参加者によればワイトモグローワーム洞窟のツチボタル鑑賞は幻想的、
ホビット村(映画ロード・オブ・ザ・リングのロケ地)もこれまたメルヘンチックで最高とのことでした。
PS:午後からのホビット村単体観光は岩手Yさん(国際免許所有)のレンタカーによるものです。

中編終わり

 

『ニュージーランド・前編』

photo 首都中心部にある世界有数のマリーナ(キャパ2000隻) photo 歴史文化を彷彿させるベイエリア、近隣の海洋博物館には年代物の船外機が… photo ホール・イン・ザ・ロック ギリギリの船幅でこの岩穴を通過! photo クルーズ&BBQで立ち寄った島

2017年01月21日

先週は寒い日本を脱出真夏のニュージーランドへ一っ飛び。
そう毎年恒例ヤマハトラスト店の海外研修旅行。
今回参加者は総勢12名。
私自身初のオセアニア、また世界屈指の海洋王国ということもあり心待ちにしておりました。
関空からオークランドまでは10,5時間のロングフライト(シートは勿論エコノミー)…
しかし機内食はそこそこ美味しく映画等の機内サービスも充実、想像していたより快適空間。
オークランドは真夏でも日中の最高気温25℃、夜は薄手のセーター着用で日本だと五月ぐらいの気候。
初日は4時間の時差の関係もあり軽く市内観光とベイエリアでの食事&買い物。
ここで昨年亡くなった大橋巨泉さんのお土産屋を発見。
店内には「日本の皆さんここは僕の店です、安心してお買い物を楽しんで下さい」と自筆のサインが…
40年前巨泉さんの11PMでのキングフィッシュ(ヒラマサ)&レッドスナイパー(マダイ)釣り解説を思出す。
二日目はオークランドから北へ車で3時間、クルーズの基地パイヒアへ。
高速道路がないこの国の一般道はかなり飛ばせるが、山岳地帯に遅い車があると時間がかかる。
車窓からは延々と放牧場、たまにワイナリーも…まるで絵葉書。
あれ、そういえば至近距離で名物?のヒツジ観てない~(笑)
そしてパイヒア港に到着、国内外の多くの観光客を乗せ『ディスカバー ザ ベイクルーズ』が始まる。
日本でいえば隠岐の島のような荒い岩場の島々を縫うように走りイルカやクジラを観察するという企画。
メインイベントは島にある岩穴の通り抜け、熟練の操舵テクニックで無事通過。
そして空腹のピークもとっくに過ぎたPM4時ウルプワプワ島に上陸、やっとランチ(BBQ)にありつく。
イライラも募りこの辺りで辛口の寸評を少々…
海は思っていた程透明度が無い。
クジラを観たかったが泳いでいない。
超遅いランチに許された時間は僅か40分、捕虜のごとく一列に並ばされまるで配給。しかも少量で不味い!
→JTBさん今後参考にして下さい。

前編終わり



 

『最強寒波襲来』

photo 見るからに寒そうな瀬戸内海 photo 沖には白波が… photo 北からは雪雲?

2017年01月13日

今日は一年で一番潮位の低い日。
早朝4時から予定していたナマコ拾いも風雨で断念。
夜が明けてからも西寄りの季節風が強まり気温は低下、文字通りの真冬日。
予報によればこれから週末にかけ一層冬型が強まるとのこと…
毎年大寒の頃海外研修に参加しますが、日頃の行いが悪いのかここ数年すんなり行けた試しがありません。
明後日関西空港から出国しますが、それ以前に神戸空港から関西空港への船便(ベイシャトル)が心配です。

 

『親子鷹』

photo YD26のKさんと次男坊 photo 低水温の今はコチ、アコウ、ヒラメと底物中心

2017年01月11日

今日も仲良く親子でボートフィッシング!
小豆島でYD26オーナーKさんと次男坊に遭遇。
年子の長男坊はいつもお祖父さんの船(YF24)に乗船。
そういえば兄弟の2ショットはあまり見かけないのでKさんに問うと…
一船に二人乗せるとすぐ喧嘩が始まり釣りどころではなくなるからだとか(笑)
3才から釣りの英才教育を受けたご兄弟、マリーナでは年季の入ったオヤジ釣師相手に対等以上の釣り談義を繰り広げてくています。

『ヤマハさんご来店』

2017年01月09日

毎年恒例ヤマハさん新年のご挨拶。
昭和の時代女性社員を含む法被姿の団体がトラックに初荷(船外機)を積み来店。
時には樽酒に獅子舞までいたことをを思えば少々寂しく思いますが、
お神酒を頂き三三七拍子で商売繁盛を祈願しました。
 

1086件中31-35件表示

< 前へ 次へ >