『悪夢』

photo 釣り開始時、両舷しゃくっています photo 総額10万円の左舷のタックル photo 生き残った右舷のタックル photo 一枚33000円の鯛((苦笑))

2018年03月14日

火曜の休み雲一つなく絶好の釣り日和。
しかし同行者に恵まれず単独釣行。
目指すは鯛サビキの本場小豆島福田沖。
平日にも拘わらずポイントには30~40の船団。
気合を入れ両舷に自慢の自動シャクリ機に電動リールをセット。
釣り開始から1時間ほどで右舷の竿に待望のアタリ!
よっしゃーということで手繰る、振り返るとお~左舷の竿も曲がりWヒット!
急いで右舷の鯛を外し仕掛けを放り込み左舷の鯛を回収していると、何とたった今放り込んだばかりの右舷竿がまた曲がっている。
右舷の竿を気にしながら急いで左舷の鯛を回収、竿をシャクリ機にロック!し・た・は・ず・だ・っ・た…
が、しかし、そのロックしたはずの竿はまるでスローモーションのように滑り落ち、30m下の海底に…(泣)
私がもう20才若く、そして水温がもう10℃高かったら躊躇することなく飛び込んだだろう。
まあ竿の落下で海底の鯛もびっくりしたのかこの日の釣果は3枚のみ。
同じ釣師なら理解して頂けると思うが、このアクシデントでテンションは急降下、その後は心ここにあらずで釣りにならなかった。
不運にも落下した左舷のタックルは竿も電動リール(新型シーボーグ)も購入したて。
なんで古い右舷のタックルが残るんじゃっと釣れた鯛に八つ当たり。
次回から脱落防止策として電動リールの携帯バッテリーはやめケーブルを装着するつもりだ。


 

『ボートショー2018』

photo ヤマハブース photo 表彰式にはテリー伊藤氏が出席 photo 雨に煙る横浜マリンタワー

2018年03月10日

毎年恒例パシフィコ横浜でボートショーが開催される。
賑やかな会場、出展社数増加と聞いていたがよくよく観察すると純粋なマリン業者は減少?
ヤマハ、ボート・ジェット・船外機と国内最大の総合マリンメーカーらしく大きなブースを確保、しかしこれといったニューモデルもなく斬新さに欠ける。
ここらでエンジンメーカーのプライドを掛け一旦撤退したマリンディーゼルの復活を望む。
ヤンマー、サスペンションボート、ディーゼルハイブリッド等、プレジャー分野に切り込みチャレンジ精神を感じる。
トヨタ、話題のLEXUSボートのブースの階段を登り艇の後方に回り込むと、船に触ったわけでもないのに突然スタッフ二人に腕を摑まれ乱暴に扱われる。
予約客しか見学出来ないシステムだったらしいのだが、こちとらフォーマルなスーツ姿でいたにも関わらずまるで不審者扱い。
曖昧な理解しにくいブースレイアウトを棚に上げ勘違いのプレミアム感出し過ぎ!
気を取り直してその夜はヤマハ発動機社長を囲む夕食会に出席。
初対面の日高新社長、思いの外穏やかで気さくな方で今後は会議にも参加下さるとのこと。
二日目はパシフィコ二階で開催されたヤマハトラスト政策研究会に参加し会場を後にした。


 

『長崎は今日も美味かった♪』

photo ラッキーにもホテル前が祭りの会場 photo 素材はパンストのような生地だった photo 極旨だが身体に悪い牛刺し photo 修学旅行以来の平和記念公園

2018年03月03日

いつもの弾丸出張、今回は長崎。
強烈な春一番が吹き荒れ、神戸空港からのフライトも心配されたが無事到着。
おりしもこの日長崎市内は「ランタンフェスティバル」多くの観光客で賑っていた。
昨夜は強風により中止になったらしくグッドタイミング。
しかし食事をしようにも会場近くの有名店は長蛇の列。
そこで混雑を避け思案橋横丁まで歩く。
このところ鍋続きだったので今夜は刺し盛でも…
話は変わるが先日ある友人から、ハーバーマスター日記は「リア充」だらけじゃなーと言われた。
「リア充」とはネット用語で現実の生活が充実しているという意味。
平たく言うと次々自慢話を発信していることに対しての皮肉らしい。
まあオフィシャルブログの性質上多少よそ行きにならざるを得ないところもあるのだが…
正直、食リポは行く先々の方がセッティングしてくれるので外れることはまずない。
そんなことより何方か外食の多い私でも出来るダイエット方をご教示下さい。




 

『セリ鍋』

photo 仙台空港に降り立つ photo セリの特産地名取市が発祥とか… photo 定番の厚切り牛タンはランチで… photo 何の因果か地元民でも一生に一度しか乗らない松島遊覧船に三度めの乗船(笑)

2018年03月01日

またもや仙台に一泊二日の弾丸出張。
その夜の宴会で登場したのがこのセリ鍋。
セリなんてパセリやセロリの親戚みたいなもので意識しないでいると何年も食べない地味な食材。
そのセリがメイン、しかも朝鮮人参ばりの根まで付いた奇妙な鍋。
カモ肉と脇役野菜を添えグツグツ煮るが、口に入れるまで味のイメージが全く沸かない。
そして良い感じに煮えたセリを頬張る…
予想していた臭みも無く、根の食感もgood、程よい苦みが癖になりそうな大人の味。
昨今野菜の美味しさに目覚め、この冬鍋は週二で食べている。
また鍋のレパートリーが一つ増えたことは言うまでもない。




 

『あかちん鍋』

2018年02月28日

釣り友達から鍋パーのお誘い。
友人は無類の釣り好き、それにも増し料理も日々色々挑戦している。
今回のレシピはあかちん(カサゴ)鍋。
あかちん自体は極ポピュラーな魚だが、この小さな魚体の三枚おろしは繊細で根のいる作業。
我家でもぶつ切りを入れた鍋はやるが、この鍋は見た目も良く食べ易い。
今が旬のあかちん、挑戦してみては?
 

1215件中26-30件表示

< 前へ 次へ >