『JR三江線廃止』

photo 手あたり次第何でもイベント化する日本人 photo 石見川本駅のアナウンスには感謝の意が込められていた photo 温泉津温泉で暫し旅の疲れを癒す photo ㊧三次行㊨新見行…どちらも一両編成

2017年10月18日

ニュースでJR三江線の廃止を知る。
実は三江線といっても中国地方に住ながらその存在すら知り得なかった。
衝動的にローカル線一人旅を計画。
運行ダイヤを確認すると予想通り本数は少なく乗り継ぎも悪いので一泊二日の旅となる。

【10月16日】
上下→三次(福塩線)
三次→江津(三江線)※平成30年4月1日廃止
江津→出雲(山陰本線)

【10月17日】
出雲→宍道(山陰本線)
宍道→備後落合(木次線)
備後落合→東城(芸備線)

三江線は江の川沿の距離108㎞を平均時速30㎞で走り、特にカーブや上り坂は途中で止まってしまうのではと思うほどの超鈍行。
これに慣れた乗客にとっては時速300㎞の新幹線は異次元の乗り物?
初日は生憎の雨、窓ガラスは曇り紅葉には少々早い中途半端な景色を眺めるうち睡魔に襲われる。
途中の石見川本駅では何故か1時間半停車、乗客は一斉に降車、駅前の同じ店で昼食をとるのでいつの間にか団体旅行!?なんかバツが悪い。
また駅前では地元商工会によるカウントダウンイベント、しかし私を含め日本人ぐらい「限定」とか「これで最後」が好きな民族もいない。
三江線にしろもし私のような人間(乗客)が国民10000人に一人でもいれば12500人になり廃止を免れたのかもしれないわけだが…
暫くすると電車マニア俗にいう乗り鉄さん発見、釣りやバイクのようにそれなりの服装でないので行動で判別。
まず彼らのポールポジションは電車の最前列、ここで運転手、車両型式、行先の電光掲示板を撮影、そして景色はを動画撮影。
乗り鉄さんは譲り合うように時には競うように車両各所を撮影、彼らは揺れも楽しんでいるのかとにかく座らない、総じて元気だ。
きっと彼らにとってこの廃線は安室奈美恵の引退より悲しい出来事であるに違いない。
また彼らは必須アイテム時刻表を持参、今の時代当然アプリも利用するであろうが、これは一種のお守りなのかもしれない。
私は電車も通らない田舎に生まれ幼少期において電車は都会の象徴であった。
中学に上がると分厚い時刻表を捲り夢は大きく広がった。が、しかしこの熱も高1の夏バイク免許の取得と共に一気に冷める(笑)
また山陰本線では30年ぶりに温泉津温泉に立ち寄りもしたが、私にとって腰の痛さより丸二日間誰とも喋れない空間の方が苦痛であった。
何の準備もなく切符一枚で始められるということではハードルは低かったが、イマイチ面白さにあり付けなかった二日間であった。




 

『海上安全パトロール』

photo 玉野海上保安部の巡視艇 photo たも網で安全啓蒙パンフレットを配布 photo 海上安全指導員Oさん艇 photo フラッグだらけの指導船

2017年10月12日

毎年秋に行う牛窓の海上安全パトロール。
今回は巡視艇を含む指導船4艇で廻る。
生憎の雨で沖合の船も少なかったが、釣り船、ミニボート等十数隻を指導。
昨今、救命胴衣の着用率は9割を超えているようだ。
陸のシートベルト、海のライジャケは命を守る必須アイテム。
指導された各オーナーさん急な訪船で驚かせてごめんなさいね。
 

『秋の釣りシーズン』

photo 千振島(小豆島)の鯛三兄弟

2017年10月11日

一年で一番釣れるシーズン突入!
魚種の多い瀬戸内海ではターゲットを絞るのも一苦労。
先週は午前中タチウオ、午後からはタイのダブルヘッダーは幸運にも大漁。
何日か前から牛窓では珍しい青物(ツバス)が廻っているし、アオリイカも例年より釣れている。
カワハギだって三桁の釣果情報もあるので迷いに迷う。
でもでも結局一番やりたいタイラバに落ち着く。
しかししかし逆を突かれこの貧果(泣)
やったりやられたりしながら早50年、これが釣りの醍醐味だから仕方ない。

『選挙ファースト』

photo 岡山城 photo 岡山の街並み

2017年10月07日

5時半起床いつものようにテレビを点ける。
ここ数日オープニングは各局判で押したように解散総選挙!
政策より政局好きのマスコミが上手に煽り劇場型に仕立てるので実に面白い。
昨夜、岡山市内でとある議員の選対会議に参加。
そこには応援弁士として参議院議員、県議会議員、市議会議員の多くの先生も集結。
やはり喋って何ぼの弁士、内容はともかく位が上がれば上がる程聴衆を引き付ける。
中でもよくテレビ討論に出演するYI氏(群馬県選出の参議院議員)の演説は絶妙。
僅か10分の応援演説の為に往復8時間新幹線に揺られながら岡山までから始まり30秒に一度のペースで会場を沸かす。
そして岡山発20時36分の最終便で風のごとく帰京された。
まあノンポリ政治音痴の私からすればどの党首演説を聴いても正解に思えて厄介極まりない。
また東大出の超エリート代議士がど田舎のおっさん、おばさんに米つきバッタのごとくお辞儀するのも選挙ならではの光景。
ともあれ今は展開の読めない政治から目が離せない。
 

『W14曳航』

photo 備讃瀬戸東航路横断中 photo 豊島の北はベタ凪 photo YD28(当社レスキュー艇)で曳航 photo 無事牛窓に到着

2017年10月04日

高松からW14(エンジン無)を牛窓まで曳航。
とある船を買取りに行った際、友人の船も是非引き取って欲しいということになり…
しかし大型船の往来が過密な備讃瀬戸東航路をどのタイミングで渡るか慎重に判断。
東西ばかり気にしていたら後方から小豆島行きのフェリーが接近、お~危ない。
そうこうしている間に牛窓が目視出来る距離になり2時間の曳航は無事終了。
 

1167件中21-25件表示

< 前へ 次へ >