『南東北ノンプランツアー・前編』

photo 笹川流れ海岸沖にある粟島…いつか行ってやる! photo 陸上保管規模山形県一の鼠ヶ崎マリーナ photo 二瓶さんと記念撮影 山居倉庫にて photo 腹が出て浴衣が似合うようになった(笑)    銀山温泉にて

2017年08月26日

お盆の振替休日は二泊三日で南東北巡り。
今まで東北旅行といえば北部(秋田・岩手・青森)が多く、何故か手前の南部(宮城・山形・福島)は少なかったように思う。
最近の国内旅行のキーワードは「行ったことがない」
だから例えそこが興味のない土地であろうがとにかく行く(笑)
もっと言うなら知らない町があると何か許せない気持ちになる(大笑)
「行ったことがある」の中には電車やバスの車窓から眺めたというのは含まれない。
まあ昔から放浪癖のある私は十代はバイク、二十代は車で国内の海岸線はほぼ走破、最早小笠原諸島や北日本の山間部しか残っていないことになるのだが…
ちなみに島も北の礼文島から南は西表島まで趣味の釣りと船の売買で巡った島数は80余り。
今回の南東北は伊丹空港に車を置き空路新潟、そこからレンタカーで日本海を北上。
新潟はさすが角栄さんの出身地だけあり一般道も無駄に広く整備されており1時間少々で村上に到着。
ここでお世話になっている業者さんを表敬訪問、近況報告の後海岸線を一路山形に…
思い起こせばこの道も40年前北海道に行く際走ってはいるのだが全く記憶にない。
途中鼠ヶ崎マリーナを視察、すると偶然にもこの後お邪魔するボートショップ酒田さんのサービスマンと遭遇。
そしてお昼過ぎ二瓶社長と酒田市の山居倉庫で待ち合わせ、ランチを御馳走になる。
その後市内のボートパークを通り抜け国道沿いのお店に案内され会長さんを交え暫し昔話。
実は15年ほど前にもお店の前を通りがかったが面識がなかった故素通りしたエピソードを話す。
歓談を終えると既に時計は15時をまわっている。
酒田から山道を走ること2時間、何とか日没前には仙境の宿銀山荘に到着。
銀山温泉はテレビで観た通りの大正ロマン漂う温泉街、この何とも言えないレトロな雰囲気は最高!
加えて68℃と高温の源泉、硫酸塩系の泉質はいかにも万病に効くという印象であった。



 

『とったど~』

photo 徐々にギャラリーが集まる photo 必死にもがくマダコ photo 最後の抵抗を試みる2Kのマダコ

2017年08月18日

船の修理でとある港へ…
そこへ突然5mはあろうかというヤスを携えた男性現る。
岸壁から暫く海中を覗き込んだかと思うと次の瞬間勢いよくヤスを刺す。
こういうの大好きなので近寄ると2m下の海底でマダコが墨を吐きながらのた打ち回っている。
暫くするとマダコも観念したのかおとなしくなり取り込もうと持ち上げた瞬間、最後の力を振り絞りヤスから逃れ猛スピードで泳ぐ…
3mほど泳ぎ一休みした瞬間再びヤスが刺さる。
今度は上手く刺さり初回の3倍は刺したままにし弱らす。
ようやく岸壁に揚げられたマダコだが本能なのか海方向に這って逃げようとする。
格闘すること数分何もなかったようにマダコはビニール袋に納められた。
ヤスの名手曰く夏のこの時期干潮はよく捕れるとのこと…真夏のワンシーンであった。


 

『ボートの老朽化』

photo 画像はイメージです

2017年08月14日

全国的にお盆です。
しかし当マリーナは予想した程の混雑もありません。
弊社は夏場に集中するウォータービークルを扱ってないのとウェイクボードが一時に比べ下火になったから?
それと毎週のように乗られる保管オーナー様はお墓参りや里帰りで逆に欠席のようです。
その代わり年一度しかお見えにならないオーナー様の突然の来店があったりで混雑の帳尻が合うようです。
しかし、いざボートの下架と言われてもバッテリーは上っており、艇体は埃まみれデッキにはハチの巣、他にもエンジンの不調、また舵が重たかったり航海計器の不調ets…かなりの確率でトラブル発生。
なお使用頻度の低い保管オーナー様にも冬は格納点検、春はシーズン前点検の告知をするが反応は鈍い。
まあ古くなり飽きの来たボートに費用を掛けたくないのは理解出来ないこともないが、不幸なことにメンテナンス費用は経年劣化と共に加速度的に膨らんで行く。
一般論として乗らないボートの保管料は美味しいと言われるが、船好きの私からすればほったらかしのボートを毎日見るのも忍びない。
だから生活必需品でないボートは飽きれば思い切って売却、休憩すればよい。
商売気が無いと言われるかもしれないが趣味とはそういうものだと思う。
 

『御手洗』

photo 石灯篭が青い海に映える photo 昭和30年代の私はど真ん中世代 photo この島にある「ゆたか海の駅」は日本で最初の海の駅施設

2017年08月13日

『御手洗』…広島県呉市大崎下島にある港町。
みたらいと読みます。
普通に読むとアレですよね…(笑)
以前Y2K瀬戸内クルージングで寄港したが今回はとびしま街道を車で移動。
5島を結ぶとびしま街道、ここの景観は瀬戸内海国立公園内でもトップクラス。
ここ御手洗の街並や波止場も観光用に整備されてはいたがどこか牛窓に似た風情であった。
帰り際寄った青果店のおやじさんが、この対面の岡村島だけ良質の水が出るという理由で、村上水軍にぶんどられ愛媛県になったというエピソードが印象的であった。


 

『朝飯前』

photo 良型の真鯛を右に左に軽くあしらう photo タモスケ役のお祖父さんと息ピッタリ photo はい、寝起きの1枚でした。 photo いま牛窓の鯛は釣果アップ

2017年08月12日

近所のたっくんが朝練に参加。
5時出港のはずが引率のお祖父さんの寝坊で30分遅刻(笑)
今日は無風ベタ凪に加え朝まずめと干潮からの潮返しが重なるベストコンデション。
そして満潮がゆっくり流れ始めると鯛祭りの始まり!
ポイントは水深10mの浅場、なので鯛が弱らず手応え充分…
するとたっくんも自慢のタックル(シマノ炎月&オシアコンクエスト)で絶妙の合わせ炸裂!
巻き上げてると、ありゃ~ハリが一本外れた危ねえ!なんて大人顔負けなことをおっしゃる(笑)
また、同行したNさん(年齢差54才)との釣り談義は見事なまでにたっくん優勢!
ということで8時帰港、これから朝飯喰って夏休みの友頑張ってね。

1149件中21-25件表示

< 前へ 次へ >