『進化系フィッシングボート』

2017年03月20日

昭和50年代ヤマハフィッシングボートの主流はセンターコンソールのU19AF、キャビンタイプではFISH22。
昭和60年になると一世を風靡したUF23(タックル23)が登場、I、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳと平成10年頃まで生産。
そしてこのタックル23をかわきりにUFは20、24,25,27とシリーズ化され人気を博す。
その後FW23からYF23と継承され現在のSR-X、YFRシリーズに至る。
このようにフィッシングボート(OB仕様)も時代と共に進化を遂げる。
例えばこの奇抜なスタイルとカラーリングのSR-X-EX、僅か20Fの艇体に165馬力船外機を搭載!
昔このサイズだと50馬力、85馬力を搭載しようとすればJCIにオーバーパワーで難しく言われたものだ。
本体にGPS魚探、レーダー、簡易ソナー、Iパイロット等のオプションを追加すればざっと650万。
価格的にはレクサスのミドルクラス、ハーレー2台分に匹敵。
「山椒は小粒でぴりりと辛い」がお好きな方におすすめの一艇です。







 

『ハネ日和』

photo 60㎝前後のハネ photo 生き絞めにしハラワタを出し鱗を打った状態

2017年03月19日

魚に詳しくない方は意味不明かも…
岡山でセイゴとスズキの中間サイズをハネと呼ぶ。
オーナーOさんは小豆島に連チャンで鯛サビキに…
ところが今日は鯛のご機嫌が悪くハネオンリー。
ハネは自宅の冷蔵庫に沢山あるということで6本頂戴した次第。
生き絞めしてるとヤマハの営業Yさんが興味津々で見学に…
物欲しそうな眼差しだったので2本進呈。
彼は独身、今日から1週間はハネ尽くし、頑張って下さい((笑))

 

『離着岸レッスン』

photo 風が桟橋に向かって吹く時は比較的簡単 photo 着岸前にフェンダーと係船ロープをお忘れなく photo はい、ご苦労様でした。

2017年03月18日

春の日差しの中桟橋ではYFRの離着岸レッスン。
多少ブランクのあったオーナーさんでしたがサービスマンの指導の下何度か繰り返すうち
バウスラスターとクラッチの併用操船にも慣れピタッと着岸。
まあ飛行機でも着陸時の衝撃の大きさでパイロットの腕が分かるというもの。
しかし海上の厄介な点は風以外に潮流も相まり状況は刻々と変化。
これを瞬時に計算しての着岸となる。
ここで一番難易度が高いのは桟橋側からの風で船が逃げる時。
ある角度とスピードで突っ込み桟橋の真横になった時舵を桟橋側にきり後進そして中立。
この一連の操作は身体で覚えて下さい。

『UF27IB再生中』

photo UF27IBハル塗装中 photo スパンカーの台座部補修中 photo SX421KMアフタークーラーOH photo 熱交換器もOH

2017年03月12日

3月、急激に忙しくなる。
ボート屋にとって繁忙ピークは五月のGW。
新艇艤装、中古艇再生、一般修理、シーズン前点検でパンパン。
外注さんにも無理を言ってますが、サービススタッフ後3人欲しいぐらいです。
 

『ミニセグウェイ』

photo 最高時速15㎞ 広いヤードをすいすい photo あぁしまった動画で撮ればよかった photo 前後左右その場回転…上手いものだ photo なんと音楽も聴けるらしい

2017年03月08日

何かマリーナの奥から結構なスピードで迫ってくる…
同業者Mさんが器用に乗りこなすのはミニセグウェイ。
いい大人が昼間から何遊んでんのと問うと…
ヤード内の見回りと体幹トレーニングを兼ねたものだと。
となれば試乗。
おぉ~思いっきり内股と腹筋に力が入る。
コンクリートの上でバックドロップ喰らわないうちに降りる((笑))
以前取っ手の有るセグウェイは乗ったことがあるがミニは上級者向き。
僅か3万で楽しくトレーニング出来るというが、どうやら病院代の方が高くつきそうだ。



 

1095件中21-25件表示

< 前へ 次へ >