『二段積みラック』

2018年04月20日

オリジナル二段ラックが完成。
初代ラックの老朽化に伴いマイナーチェンジ。
最大公約数的な艇の長さ、幅、高さを想定し設計。
以前高さをピンで調整していたが強度に不安が生じたので今回固定式にした。
これから下段にヤマハF22、上段にFR18を積載。
これで陸送費の高騰に多少なり対処出来る。
 

『初朝練』

photo 日の出!左は青島 photo タングステン45g、勿論自作 photo 本日の釣果真鯛45㎝&アコウ40㎝ photo 早速活き締めにし産地直送の贈答品と成る

2018年04月19日

今年も朝練の季節到来~
まだ薄暗い午前五時、航海灯を灯しながら出港。
青島のポイントまでは15分もかからない。
到着と同時に播磨灘から日が昇る、いつ観ても幻想的で神々しい。
干潮の潮止まり、魚探に怪しい魚影がちらほら…
とりあえずタックルはサビキとタイラバ両方用意して来た。
周りの船はほぼサビキ、よしそれなら型狙いでタイラバを選択。
朝練に許される時間は正味2時間、効率よくやらねば…
6時になり満ち潮がゆっくり西に流れだすとサビキ船の竿が曲がり始める。
少し焦り出した頃待望のアタリ!上がってきたのは食べ頃サイズの真鯛。
その後二三度アタリはあるがハリに乗らない。
7時、徐々に納竿の時刻が迫りイライラが募る。
その時だった…ボトムでゴツンとしゃくるようなアタリ!
よ~し今度は巧い具合に乗った!
海底で元気よく泳ぎ回った魚は巻き上げるうち徐々に暴れなくなり最後は重量感のみ…
ベテラン釣り師ならもう魚の正体はお解り、水面に現れたのはアコウ(今年初)
これで気持ちよく終われ、この二匹を素早く処理、朝飯喰って定時に出社。
昨今釣りは貧果続き、しかしファンからブログがドラマ仕立で面白いと言われる。
釣行の動機もいつの間にかブログネタを得るためのものになってしまった。
 

『タイラバシーズン到来』

photo 本日の最長寸47㎝、腹は卵でパンパン photo 弊社スタッフY君のマイボートFW23

2018年04月18日

二月8℃だった海水温も今や13℃
牛窓から小豆島にかけては依然鯛サビキ釣りが多いようだ。
実際数釣りではサビキの方が捗り、潮によってはスズキの大漁もある。
しかし、昨年12月から四ヶ月の間タイラバを封印していた関係やりたくて仕方ない。
自慢の炎月&オシアコンクエストを携え豊島へ…
平日とあってポイントは貸し切り。
毎年のことだが最初の一枚を釣るまで疑心暗鬼。
釣り始めから2時間過ぎた頃待望のヒット!
やれやれ、引きからしてアベレージサイズか!?
油断して巻いていると痛恨のバラシ。
幸先悪る…
気を取り直して浅場、深場とラインを変え流す。
すると潮返しに時合到来、短時間で大小5枚の真鯛をゲット!
こうしてタイラバシーズンの幕が開けた。

 

『FG25試乗』

2018年04月14日

朝の開店と同時にお客様のご来店。
遠く愛知から夜走して来たという。
不運にも週末は二週連続で春の嵐。
さて今日の海は試乗可能か?
南東の風5m、波高1.5m、沖に白波が見て取れる。
湾内なら大丈夫そうなので安全を確保しながら試乗して頂く。
その甲斐あってめでたく成約を頂く。
これからGWにかけて納艇のピークを迎える。

 

『ロマン溢れる巌流島』

photo 武蔵は梶棒で物干竿と呼ばれた長光を持つ小次郎に勝利した? photo そろそろこの伝馬船も代替え? photo 現在は無人島、右の埋立地は三菱造船の資材置場 photo 電話BOX上のふくの重量が気になる

2018年04月11日

巌流島、言わずと知れた宮本武蔵VS佐々木小次郎決闘の舞台である。
下関には度々行けど目と鼻の先にあるこの島に行く機会に恵まれなかった。
ということで今回誰と闘うわけでもないが上陸してみた。
ネットに20代の宮本武蔵と60代の佐々木小次郎の歳の差のことや
武蔵は遅刻した上四人の弟子を従えて五対一のアンフェアな闘いだったetc、ほんと諸説あり過ぎ!
また昭和62年のアントニオ猪木VSマサ斎藤のプロレス対決は記憶に新しい。
さて、剣豪宮本武蔵は岡山県大原町生まれ、一方の佐々木小次郎の刀は備前長船長光(瀬戸内市製)言ってみれば二人とも岡山に縁がある。
私の父は生前趣味で骨董品を収集しており、特に刀が好きでピーク時40振程所有、刀の説明をよく聞いたものだ。
だいたい太河ロマンシリーズは見応えあるよう脚色されている、ひょっとしたらこの二人闘っていなかったりして…(笑)


 

1215件中11-15件表示

< 前へ 次へ >