『迎春』

photo 自宅から徒歩で牛窓神社に参拝 photo 干支(戌)五巡目、そう今年還暦! photo 前島方面 photo 牛窓港方面

2018年01月05日

2018年も今日から始動!宜しくお願い申し上げます。
年末年始の休暇は土日休めない私にとって年に一度の貴重な7日間。
しかし大掃除、買い出し、里帰り、釣行、同窓会…イベントが重なりあっという間に消化。
年始、慌てて各所から貰ったカレンダーを張り替える。
「光陰矢のごとし」とはよく言ったもので一年経つのは凄く早い。
カレンダーにはそれぞれ日捲り、月捲り、二ヶ月捲り、一年分を一枚にしたものがある。
その中のポスター状になった一枚物を張り終えぼんやり眺める。
すると今度は一年365日が余りにも少ないことに気付いてしまう。
えっ、これって歳のせい?
一度張ったカレンダーを剥がすことはないが、薬を呑むことと日捲りを日課にしようと思う今日この頃。







 

『冬の牛窓港』

photo 唐琴瀬戸に聳え立つ船灯篭 photo ママカリも姿を消しひっそりとした唐琴瀬戸 photo 東町の船溜まり photo 前島に渡る人も疎らに…

2017年12月27日

クリスマスも過ぎ今年も残すところ後4日。
幼少の頃は一年で一番楽しみだった年末の一週間。
それが社会人になり年末は決算の棚卸だの集金やカレンダー配りで多忙になる。
が、しかし、今や集金は振り込みななりカレンダー配りは宅配業者に外注とありがたい時代となった。
さて年末年始にかけては低気圧の通過が予想されており海のレジャーは充分な観天望気が必要だ。

最後になりましたが今年一年大変お世話になりました。
また来年もご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
では、皆様よいお年をお迎え下さい!

『弾丸忘年会』

photo 総勢10名で凍えに行きました photo 綺麗だが雪で輪郭の見えない五稜郭 photo カロリー爆弾、ラッキーピエロの唐揚げ入バーガー photo 女子しかカニを試食させてくれない函館朝市

2017年12月20日

寒い時はより寒い所に行ってみるかということで函館に…
偶然にも旅行前夜ある番組でバナナマンが函館の食リポをやっておりこれを参考にする。
ハンバーガーのラッキーピエロ、ラーメンのかもめ…店はこっ派手だったり、汚かったりだが味は極めて普通。
湯の川温泉の宿に着くと中途半端な季節にも拘らず多くの中国人で溢れていた、これが俗にいうインバウンド!?
リーズナブルなツアーの夕食は決まってバイキング、さあ巨大な宴会場でズワイガニの日中争奪戦が始まる。
500人の東洋人が一斉に群がる。軽トラ一車分のカニが30分も経たないうちに無くなる光景は壮観~
私も若い衆に釣られ喰いまくるが足25本でギブアップ。
また雪景色の五稜郭は綺麗であったが函館山からの夜景は吹雪で視界不良、ちなみに前回は霧で視界不良、これで二連敗(泣)
このように朝から晩まで食い散らかした二日であった。
あと少々気分を害したのが同じ距離を走ったタクシー三台がそれぞれ1300円、1600円、1900円…もしかして1900円は中国の富裕層と勘違いされたか?
ちなみにこの日函館は最高気温-1℃、最低気温-7℃であったが帯広からの観光客のやはり道南は暖かい!…これには驚いた岡山人であった。

『1167話』

2017年12月15日

平成19年11月から掲載の『ハーバーマスター日記』も早いもので10年が過ぎた。
書くも書いたり今回で1167話、割り算するとほぼ三日に一話のペース。
しかし10年経った今も右手中指でしかキーボードが打てず全く上達の兆し無。
こんなブログであれ一応オフィシャルな扱いであるため過激な内容はNG、毒も吐けずフラストレーションの溜まることもある。
まあ私もそこそこの年齢に達し、今後は新発見というより回顧録的なものを軸に書き続けたいと思う。

 

『主役不在』

photo この時期牡蠣とナマコは必須!? photo ゲタ photo 活オオゾエビ photo 焼きアナゴ

2017年12月10日

毎月第二日曜に開催される牛窓朝市。
今年ファイナルの朝市を取材に行くと…
ん?8時半のオープンにも拘わらずお客さんは疎ら、正直少ない!
やはり冬の味覚牡蠣を売らなかったから?
エビやゲタじゃ役不足は歴然のようだ。
牡蠣は来年2月11日(日)牡蠣祭りとして大々的に販売するので乞うご期待!



 

1215件中46-50件表示

< 前へ 次へ >