『ご先祖様のおかげ』

photo 鯛は処理してご近所に配った photo 弟の船も10枚釣っていた

2018年08月17日

16日小豆島で鯛釣り、三人で23枚という好釣果に恵まれる。
これは釣行前日、ご先祖様のお墓参りと精霊流しを行ったからだと思う。
このお盆休み、お墓参りがまだお済みでない方は済ませて釣りに行って下さい。
 

『お盆』

photo やる気満々で釣り場に向かったが…

2018年08月13日

お盆、普段静かな牛窓も親戚や幼なじみの帰省で賑やか。
つい話が盛り上がり釣りでも行くか~という展開になる。
しかし幼少の頃先祖を供養するお盆は海で泳ぐこと、釣りをすること(殺生)を禁じられていた。
船の進水式さえ精霊船になるからと控えたものだ。(ボート屋は困ります)
いつしかそんな風習も薄れお盆は民族の大移動、夏の大型連休と化した。
まあそんなことで今朝も大勢で釣りに出掛けたがど貧果に終わる。
これはお墓参りもせず遊びを優先させた罰?
お許し下さいませご先祖様、なるべく早めにお参りしますので!
 

『稀少魚』

2018年08月09日

漁協の水槽を覗くと普段見ない魚が泳いでいる。
黒の魚体に受け口、一見すると古代魚シーラカンス、角度によってはアマゾン川のピラルクにも見える。
この珍しい魚はタカノハ(マツダイ)
網で獲れたのか釣れたのか解らないが体長40㎝肉厚の魚体。
昔漁師に貰い刺身で食べたが白身で美味しかった記憶がある。
ネットで調べると太平洋ではシイラ釣り(ルアー)の外道として釣れるらしい。
一度自分で釣って食べてみたいと思う。

 

『パワースポット』

photo 黒島~中ノ子島約300mの砂の道 photo まるで水面に立っているよう photo ハート石に子供が?ちょっとやり過ぎ… photo この干潮位では端ノ子島には渡れません

2018年08月06日

既にこのブログでも何度か紹介した黒島ビーナスロード。
最近では県下屈指のパワースポットと呼ばれるようになった。
今日は山間部に住む親戚をご招待。
しかし小潮(干潮位70㎝)砂の道の出現は微妙な状況(汗)
炎天下の砂浜で待たすわけにもいかずフライングぎみに中ノ子島を目指す。
水深5㎝のロードをちゃぷちゃぷと二歳児も喜んで歩く、念のためライジャケ着用。
今週末は、昨年同様地元の小学生も招待の予定。

『盛夏』

photo 新艇艤装中のYFRと船外機換装中のYF23SP photo この夏サービスマン用に扇風機付空調服を導入

2018年08月05日

毎年恒例の花火大会も終わり来週はお盆休み。
それに合わせ工場では新艇の艤装と中古艇の船外機換装が急ピッチで行われている。
この夏シースタイル(レンタルボート)は好調だが、猛暑のせいかオーナー様(特にシニア層)の出港は鈍い。
そうこうしているうち、またもや台風13号発生、今後の進路が気になる。
台風→豪雨→猛暑→台風→豪雨→猛暑…
ボート屋泣かせの負のスパイラルはいつ終わる?
 

1247件中1-5件表示

次へ >