『FX20鳥取へ』

photo 朝自社ユニックで出発 photo 大栄ボートパークで下架 photo 納艇説明中 photo 雲を被った大山、紅葉はもう少し先?

2018年11月10日

この度岡山県北のオーナー様とご縁があり鳥取にFX20を納艇。
牛窓から国道2号→山陽道→岡山道→中国道→米子道→山陰道と小刻みに乗継ぎ、
三時間半掛け搬入先の大栄ボートパークに到着。
この日の日本海は荒模様、海原には一隻の船も見えない、既にシーズンオフ?
現地での係留作業はオーナー様の船友達にもお手伝い頂き迅速に完了。
今後、来シーズンに向け先輩オーナーの意見を参考に集魚灯等艤装し山陰仕様に仕上げるそうだ。
では「シロイカ大漁!」の画像お待ちしております。

『納艇前』

2018年11月08日

秋晴れの中DFR33の海上試運転。
サービスマン二名でエンジン及び艤装品の最終チェック。
しかし今年は立冬も過ぎたというのに妙に暖かい。



 

『マリンメカニック』

2018年11月03日

技術継承とは…
熟練技術者の持つ高度な技能やノウハウを次世代にきちんと継承すること。
マリン業界においても講習会やパソコン講座等の支援ツールはあるが、やはり最後はマンツーマンでの手ほどきが必須。
ちなみに弊社のサービス部長は18才の業界デビューからヤマハので下積み時代も入れるとキャリアは40年に及ぶ。
仮に年間100台の船外機を触ったとすれば累計で4000台!
そして言葉少な目の彼はいつも作業を手伝わせながら体得させる。
そのやり方は技術者というより正に職人。
となれば若手との関係も上司部下でなく親方弟子の方がしっくりくる。
現在弊社のサービス部門はスタッフ6名と外注業者4名で取り組んでいる。

『晩秋』

photo 艤装中のDFR33 photo オーニング製作中

2018年11月01日

11月に入り朝夕は肌寒く冬の足音が聞こえる頃となった。
弊社も今月から冬時間、平日の終業時間が30分早まる。
例年ならこの時期から多少暇になるのだが今年は結構忙しい。
というのも夏場は記録的な猛暑で人の動きも船の動きも頗る悪かったので、その反動が今来ているようだ。
その昔冬場は夏場の半分しか仕事が無かったように思うが、マリン業界も徐々に季節感が無くなっているのかも知れない。
 

『名誉の負傷』

photo 生々しい鮮血、見るからに獰猛そうな鱧 photo 憎っくき鱧は近所の友人にプレゼント photo 傷口は三ヶ所、グロくてすみません

2018年10月31日

エイに刺された傷もやっと癒えた頃、今度は鱧に噛みつかれた。
名誉の負傷で帰宅すれば、家族からそれは単なる集中力の欠如と冷たい言葉。
状況はこうだ、釣れた鱧をハリから外そうとデッキ上に寝かせ横に置いてたラジペンを取ろうとした瞬間ガブッ!
別に手を口の前に持っていった感覚はないが、陸上にいる蛇と同じ様に向かって来て噛みつかれた。
振り払おうとしたが肉をえぐられる恐れがあったのでじっと我慢…
10秒ぐらいで離したが、例の薬のせいでまたもや大量出血。
以前太刀魚にも噛まれたが痛さは鱧が勝る。
しかし自虐ネタももうこの辺りで終わりにしたい。
 

1274件中1-5件表示

次へ >