中古艇購入ワンポイントアドバイス

船のメカニズムや中古艇価格に詳しくない方でも理解しやすいよう

中古艇の購入先中古艇の購入の方法をまとめました。

皆様の愛艇選びの参考になれば幸いです。

中古艇価格について

 Aさんは知人から新艇価格900万、14年落ちの海上係留艇を100万という安価で譲り受けました。しかし、購入直後エンジン及びスタンドライブが故障、その修理費200万が必要となりましたが、その費用の捻出が出来ず、結局修理依頼した業者に30万という捨値で買い取ってもらうしかありませんでした。
特に低年式艇の場合、購入価格を整備再生代が上まわる事が多々あるので注意が必要です。

 このように陸上で使用する車と海上で使用する船では、老朽個所や消耗度でかなりの相違点が見られます。 まず、艇体は波の衝撃によるクラック。機関は過負荷高回転によるオーバーヒート。プロペラやスタンドライブ等の推進機関の電触。そして塩害による電装品の腐食等々、未経験の方にとっては実に驚く内容となります。
(ここでは艇体、エンジン、艤装品のチェック方法は割愛します。)

 さて、本題の中古艇価格には、整備済価格と現状渡価格があります。 整備済価格は、専門業者が修理再生したものに利益を乗せ、ある程度保証的なものを反映している関係、販売価格は高めの設定となります。 これに対し、現状渡価格は文字通り現状渡しであるがゆえ、販売価格は安めの設定となりますが、不具合部分は購入後、購入者によって修理再生が必要と成ります。

02.購入先について

中古艇の購入先は5分類されます。そして、それぞれの特徴は下記の通りです。

(1)メーカー系列の販売業者

 ヤマハ、ヤンマー、トヨタ、スズキ等、販売業者の多くはメーカーとの間で新艇の専売契約を結んでおり、扱う中古艇もそのブランドが大多数を占めます。一般的に店舗や修理工場等の施設を有し、定期的にメーカーのメンテナンス講習を受講、修理に必要なマニュアルや工具を常備、部品の供給もスムーズで安心感があります。基本的に販売物件は整備済渡しであるため、価格的には多少高めの設定となります。

(2)一般の販売業者

 メーカーとの間に特に専売契約はなく、本業は保管業(マリーナ)や修理業であり、中古艇販売を副業的に行っているため販売量はさほど多くありません。近年、民間マリーナでは艇販売と保管をセットにしたバリュー価格を打出しているところがあり、そこで保管を希望する方にとってのメリットは大きいと言えます。

(3)委託・仲介専門業者

 海洋雑誌等でおなじみバブル時代から業者数は急速に増えました。業者の多くは在庫を持たず、都市部で国産大型艇や輸入艇をオーナーからの依頼により現状で売りさばきます。そして修理や艤装は、下請け業者に依頼するため費用は高額、仕上りにも不安が生じます。従って購入する場合は、将来メンテナンスのお世話になる業者を介しての商談をお勧めします。
 また、仲介販売の場合は、購入後のクレームは前オーナーとの直接交渉となりますので、それなりのリスクを覚悟する必要があります。

(4)中古艇販売応援サイト

 ここ数年中古車販売から派生した新システム。売却依頼があれば、全国各地に配置された特派員が現地に出向き取材。そして大量の画像と所有者コメントをサイトに掲載、取材費は無料で、成約時に報酬を支払うシステム。しかし特派員はマリン専門業者でないため、物件の説明やアドバイスは期待できません。また、ここで支払う報酬は物販手数料ではなく、サイト側は全くリスクを負わない広告宣伝料という扱いであるため、最終的には自己責任においての購入となります。

(5)個人売買

 ヤフオク、専門雑誌の売りたし買いたし、友人知人からの譲渡と文字通り業者を通さない個人売買は、中間マージンを支払わない分、一般的にお買い得となるケースが多いのも事実です。しかし、低価格商品ならイチかバチかの購入も良いでしょうが、やはり高額商品ともなれば専門知識がなければ非常に危険な取引になります。そして、運搬方法においても煩わしさが伴い、譲渡時の名義変更には細心の注意が必要となります。

以上、中古艇選定の基準は個人の価値観により様々です。ロケーション・使用目的・購入後のランニングコストを含めシュミレーションしながら「買う楽しさと乗る楽しさ」を両立させてみてはいかがでしょうか。
中古艇の購入や買取、無料査定に関して何でもお気軽にLINEでご相談ください。

まずはお気軽に電話・FAX・メール・LINE@でご相談ください!
FAX・メール・LINE@は24時間受け付けています!

  • 0869-34-2498
  • LINE@

全国無料査定実施中!!中古艇買取はこちら